伊藤歯科Blog

今日は、在宅関連

(2016年11月6日 7:47 PM更新)


002

今日は、在宅関連の講演会でした。一宮市歯科医師会主催で、在宅歯科診療を推進され、実践されてみえる先生の話でした。3回コースで、VEまでをしていこうというものです。歯科治療も、高齢者が増えてみているので、摂食嚥下の問題を抱えてみえる方が増えてきています。口腔外科だけではなく、一般歯科医師が、在宅でも嚥下障害の診断が必要になりつつあるようです。
義歯などの補綴、インプラント、エンド、ペリオ、矯正、それに在宅診療まで。
ノンストップで時代が進んでいきますね。


 >>Blogメニューへ


いつもと毛色が違う講習会に

(2016年11月3日 9:51 PM更新)


 

001

今日は、大阪でした。

50人程度の参加者で、大多数が私より若い先生でした。

日々、技術の向上に努め、スキルアップしていますが、よくよく考えてみますと、スタッフ以外にあまり説明していないようです。

これからは(世間では常識ですが)、私も、もっと積極的に説明をしていこうと痛感しました。

 


 >>Blogメニューへ


今日は、エンドの講習会でした。

(2016年10月30日 8:47 PM更新)


002

今日は、エンドの講習会でした。根管治療に超音波器を活用もので、頭では分かったつもりで、日々活用していましたが、直接、自分のしていることを
チェックしていただくと、至らぬ点が多々見つかり多いに勉強になりました。

講演会や、本を読んで自分でするだけでは、分かっていない事が多いことにきづかされました。

今回の実習で学んだ事を、明日からの診療に活用していきます。


 >>Blogメニューへ


矯正でCTを使うといいですね

(2016年10月25日 3:25 PM更新)


左上の犬歯の根尖を遠心方向に振ったのですが、
途中で『頬側に根が飛び出してきた』
という驚きの訴えをしてこられたので、あわてて撮影しました。
立体的に、骨の中に在ることがわかりお互いほっとしました。

犬歯傾斜移動中2-2

これが

 

犬歯直立2-2

臼歯の根が気になりますね


 >>Blogメニューへ


ホワイトニングの講習会に再参加しました。

(2016年10月23日 7:09 PM更新)


当院で行っているホワイトニングの講習会に、数度目の再受講しました。

講師の手際の良さに、またも参考になる点を発見しました。

スタッフに伝えるべくメモをとりました。

光線療法の話、CAD/CAMの話、口腔内スキャナーの話、次亜水の話等、盛りだくさんの内容の充実した二日間でした。IMG_20161022_172025


 >>Blogメニューへ


3歳児健診でした

(2016年10月19日 4:55 PM更新)


001お昼の1時過ぎから、地区保健センターにて3歳児健診をいたしました。

上下の歯が噛込み過ぎで、閉じると上の歯で隠されて下の前歯が完全に見えなくなるお子さんが何人もみえました。

早穴の空くような虫歯を何本ももつお子さんもおり、本日の健診では、思ったより問題が多いお子さんが多かった感じです。


 >>Blogメニューへ


インプラントの講習会に参加しました

(2016年10月2日 5:08 PM更新)


20161002IOR講習

午前が、英語論文の抄読、午後が実習でした。池袋から更に乗り継いで30分のため行き帰りが大変でした。

私にとって、英語論文は本当に難しいです。意味の雰囲気は分かるのですが、細かいニュアンスが掴めません。留学した先生方の苦労の一部が見えた気分です。


 >>Blogメニューへ


KAVOにてCTの講演会参加しました。

(2016年9月19日 4:53 PM更新)


20160919KAVO

CTを活用して見える数人の先生方の話がきけました。知り合いの先生が講演者の一人で、画像補正がきれいでしたので、操作法が聞けました。kavoの人も教えてくれたらいいのに

導入一年で、CTは、なくてはならないもになってます。しかし、それでも、分からない事が多いです。


 >>Blogメニューへ


当院にもマイクロスコープが導入されました。

(2016年8月31日 4:45 PM更新)


当院にもマイクロスコープが導入されました。
マイクロスコープ
ツアイスにするか、ライカにするかを迷いましたが、結局ライカを導入しました。
ツアイスの方が利点が多く気持ちはかたむいていましたが、ライカの接眼レンズが写真を見て分かるように、かなり低くできます。手足の短い大和魂的な体の私には、ツアイスでは手が届きにくい場面がおおかったのです。使いにくい点は多々ありましが、練習を続けて利用可能範囲を広げていきます。
現状は、根管治療がメインです。

x-p

ブリッジを噛むと痛い、歯肉を押すと痛いとのことでレントゲンを撮らせていただいたら、写真左から二本目の歯の根の先に病巣像がありました。

土台等を除去し、内部をチェックすると

破折線マーク2hp

破折線マークhp

割れていました。

 

再植することを選択される先生も見えるとおもいますが、リスクを考えると私は、抜歯が適応と判断しました。

Leica Picture

Leica Picture

上から下までしっかり破折しておりました。

拡大鏡程度では、抜歯という判断までは出来ずにいたずらに根の治療を長引かせるだけで有ったろうと感じました。するべき事や、ダメを判断を根拠をもってできるのはありがたいですね。


 >>Blogメニューへ


5 / 512345

Blogメニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
▲PageTop