伊藤歯科Blog
| 2016 | 8月

当院にもマイクロスコープが導入されました。

(2016年8月31日 4:45 PM更新)


当院にもマイクロスコープが導入されました。
マイクロスコープ
ツアイスにするか、ライカにするかを迷いましたが、結局ライカを導入しました。
ツアイスの方が利点が多く気持ちはかたむいていましたが、ライカの接眼レンズが写真を見て分かるように、かなり低くできます。手足の短い大和魂的な体の私には、ツアイスでは手が届きにくい場面がおおかったのです。使いにくい点は多々ありましが、練習を続けて利用可能範囲を広げていきます。
現状は、根管治療がメインです。

x-p

ブリッジを噛むと痛い、歯肉を押すと痛いとのことでレントゲンを撮らせていただいたら、写真左から二本目の歯の根の先に病巣像がありました。

土台等を除去し、内部をチェックすると

破折線マーク2hp

破折線マークhp

割れていました。

 

再植することを選択される先生も見えるとおもいますが、リスクを考えると私は、抜歯が適応と判断しました。

Leica Picture

Leica Picture

上から下までしっかり破折しておりました。

拡大鏡程度では、抜歯という判断までは出来ずにいたずらに根の治療を長引かせるだけで有ったろうと感じました。するべき事や、ダメを判断を根拠をもってできるのはありがたいですね。


 >>Blogメニューへ



Blogメニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
▲PageTop